3次元立体画像を用いた術前計画

 

 術前にCTを撮影することで、3次元術前計画が立てられるようになりました。

  冠状面、矢状面、横断面という3方向から、手術をする骨の形状を確認でき、骨と人工関節の接する境界がわかるようになりました。また右下の画像のように立体画像を用いても位置関係が把握できるようになりました。上述のレントゲン画像のような漠然とした計画でなく、例えば下図のように

  術者が手術部位を術中に眺めたときのような画像を術前に把握することが可能になりました。3次元術前計画にはZedHip(レキシ―)や3Dテンプレート(京セラメディカルマテリアル)を使用しています。