プロフィール

略歴

平成13年 札幌医科大学医学部卒業

     大阪大学整形外科入局

     入局後関連病院で臨床研修

平成17年 大阪大学大学院

     在学中 日本学術振興会 特別研究員に選出

平成20年 ドイツアーヘン工科大学留学

平成22年 関西労災病院 整形外科医長

     (人工関節手術担当

     先進医療”実物大臓器立体モデルによる手術支援”責任担当医師)

平成25年  現職(大阪産業大学工学部機械工学科医工学研究室 准教授)

平成28年 大学の海外留学枠に選出され、医工学知見を獲る、海外臨床研究施  

     設との共同研究を行う目的で4月から米国留学 (4月からユタ大学

     整形外科センター(ユタ州ソルトレイクシティ)、平成29年1月から  

     Shiley Center For Orthopedic Research & Education(カリフォ 

     ルニア州サンディエゴ))

 

臨床勤務先:

医療法人永広会 島田病院

住所: 〒583-0875 大阪府羽曳野市 樫山100-1

電話:072-953-1001

(非常勤医として月曜日午前の枠で外来を担当しております。

 診察ご希望の場合は、念の為休診でないことをご確認ください。

 受付で診察の希望をお伝えいただきますと幸いです。)

 

受賞・研究助成等:

平成20年 日本股関節学会 学会奨励賞受賞

            (3次元積層造型技術を利用したテーラーメイド手術ガイドについて)

他、数々の研究財団からの研究助成獲得経験有

平成25年 日本整形外科学会の米国整形外科学会トラベルフェロー

     に最少学年(卒後10年目)で選出

平成26年 科学研究費助成事業の科学研究費補助金

     若手研究B獲得

 

資格・学会員:

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

義肢装具等適合判定医

日本医師会認定産業医

日本股関節学会会員

日本人工関節学会会員

 

最近の業績(最近5か年の査読英語論文のみ 他は大学のホームページで)

1) Hananouchi T. Prophylactic bioactive screw fixation as an alternative  augmentation for femoroplasty. Biomed Tech (Berl). 2015 Apr   

 1;60(2):165-9.

2) Hananouchi T. Sagittal gap balancing with the concept of a single    

    radius femoral component in posterior cruciate sacrificing total knee    

    arthroplasty with patient-specific instrumentation. Int Orthop. 2015

   Apr;39(4):659-65.

3) Hananouchi T, Giets E, Ex J, Delport H. Patient-specific  

   Instrumentation for Acetabular Cup Orientation: Accuracy Analysis in a

   Pre-clinical Study. Journal of Contemporary Orthopaedic Research (J

   Cont Orthop Res) 2014 Vol. 1 No. 1 pp. 35-47

4) Hananouchi T, Yamamoto K, Ando W, Ohzono K. Effect of a Modular  

  Femoral Neck System on Femoral Anteversion and Range of Motion

  before Implant Impingement. J Cont Orthop Res 2014 Vol. 1 No. 1 pp.  26-34

5) Iwana D, Nakamura N, Miki H, Kitada M, Hananouchi T, Sugano N.    

   Accuracy of angle and position of the cup using computed

   tomography-based navigation systems in total hip arthroplasty.

   Comput Aided Surg 2013; 18(5-6):187-94

6) Hananouchi T, Yasui Y, Yamamoto K, Toritsuka Y, Ohzono K. Anterior

   Impingement Test for Labral Lesions Has High Positive Predictive

   Value. Clin Orthop Relat Res. 2012 Dec;470(12):3524-9

7) Hananouchi T, Yamamoto K, Ando W, Fudo K, Ohzono K. The    

   intraoperative gap difference (flexion gap minus extension gap) is

   altered by insertion of the trial femoral component. Knee. 2012    

   Oct;19(5):601-5.